各行の発音のポイント2

  •  パ、バ行

唇をしっかりと閉じて、空気を吐き出すタイミングで同時に開いて、破裂音を発生させます。バ行は声帯を震えさせて音を発する「有声音」、パ行は声帯を震わせないで発する「無声音」に当たります。

  • マ行

唇を閉ざして空気が出ないようにし、「ンー」と鼻腔に響かせてから、口を開くと同時に空気を吐き出して発音します。ナ行と同様に、鼻腔から抜け出るイメージがうまくできていないと、バ行と混濁した曖昧な発音になっていますので、注意してください。

  • ヤ行

母音「イ」を発する時のように、口を横に開いて舌先を浮かせた状態にします。実際に「イ」と発音していても構いません。そこから中舌を硬口蓋に接近させて(接触はさせません!)、「ィヤ」「ィユ」「ィヨ」というように発音します。「ヒ」「ヒュ」「ヒョ」との区別が難しいですが、後者の場合の方が、息を強く、たくさん吐き出すようなイメージです。

  • ラ行

英語のアールrの発音の際のように、舌先を軽く曲げて、硬口蓋に近づけます。その状態から舌先を上歯の付け根の歯茎に当てて即座に離して、弾くようなイメージで発音します。

ワは、まず母音「ウ」の口の形を作り、そこから母音「ア」の形に瞬時に移行させ、その瞬間に発音します。狭めた上下の唇の間の狭い空間を震わせて発音するイメージです。

それぞれ、発音できましたでしょうか。次回からはより音楽的な発音練習に入っていきますので、ここまでの発音のポイントを、押さえておいてください。