各行の発音のポイント1

各行の発音の際に気をつけるポイントも、見ておきましょう。

  • カ行

奥舌を締め上げて軟口蓋に密着させて、空気の通り道を閉ざします。息を吐き出すのと同時に奥舌を開いて音と空気を発生させます。

  • ガ行

カ行よりもさらに奥の軟口蓋の部分に奥舌を当てて、同様に閉ざします。あとはカ行と同じように発音します。

  • サ行

サ・ス・セ・ソは、舌先を上歯の根元の歯茎に当てて、息を吐きながら舌先を離して発音します。シにおいては、舌先は少し引っ込んだ形になり、どこかに接触しない状態にします。

  • タ行

タ・テ・ツ・トは、舌先を上歯の裏に当てて、息を吐き出すのと同時に離して発音します。チは、口を少し横に開くような形にして、舌先を下歯の根元の歯茎に当てます。奥舌を少し浮かせて、上歯と下歯の裏側全体に息を吹きつけるように発音します。

  • ナ行

舌先を上歯の裏の歯茎に当てます。先に鼻腔に「ンー」という声を響かせて、口で発すると同時に舌先を離します。先に鼻腔を鳴らすプロセスがうまくいかないと、ダ行との境界が曖昧な音になってしまうので、注意してください。

  • ハ行

声帯を狭めて発音しますが、ぴったりと閉じるようにはしません。ハ・へ・ホについては、声帯を狭めた状態で母音を発音すれば大丈夫です。ヒについては、前舌を硬口蓋に近づけます。ここで狭めて作った通り道を空気が通って行くときに、音が形成されます。フでは通り道がさらに前面にあり、上下の歯と唇を接近させて狭い道を作り、そこを息が通ることで発音します。