子音

子音には、音を発生させるメカニズムの違いによって、いくつかの分類がなされています。

  • 破裂音

唇や舌の部分、歯や口蓋とが当たり、離れることで破裂するような音を発するものです。カ行、タ・テ・ト、ガ行、ダ・デ・ド、バ行、パ行が属する。

  • 摩擦音

咽喉や唇を狭く閉ざした中を、空気が通り抜けて行くことで発せられる音です。サ行、ハ行が属します。

  • 弾音

舌先で上歯の付け根部分にある硬口蓋を軽く弾いて発音することです。ラ行を指します。

  • 破擦音

破裂音と摩擦音の混ざったものです。破裂音を出す過程で、くっつけた部位を離しながら、摩擦音をも発するものです。例えば「ツ」は、「トゥ」と「ス」を連続的に発して一音に凝縮させて発します。チ・ジ・ツ・ズがこれに属します。

  • 発音時の注意

子音を発音する際、舌先や上下の歯、咽喉や唇を当てたり離したりして音を作り出すのですが、これらが接触した状態は、もちろんそれらを互いに離すまでは維持されます。この接触した時間が不必要に長いと、非常に不自然な発音になります。あえてそのように発音してニュアンスを伝える、というのは会話ではあり得ることかもしれませんが、歌唱のための発音としては、接触している時間は一瞬に収めておくのがスムーズで聞き取りやすい発声のために重要であると思われます。