Uncategorized

声を出してのスタッカート

呼吸でスタッカートが行えるようになったら、実際に音声を出していきましょう。

ここで声帯を使って発音し始めることで、喉を染めることによる音の区切り、ということが可能になってきます。最初に音を出さずに、呼吸のみでスタッカートを行なったのは、お腹の筋肉運動で区切る、という原則的な動きを理解するためでした。音声は喉で区切ることがしやすく、意識しなければ腹部運動でスタッカートすることができません。音声を発する段階に至っても、呼吸においてそうであったように、あくまでも「お腹で」コントロールするのだ、と意識しておきましょう。

まずは、「ハー」または「ホー」と伸ばして声を出します。続いて、「ハ、ハ、ハ、……」というように、スタッカートさせて繰り返します。やはりここで、喉で音を切らずに、お腹で切ることができているかどうかを意識しましょう。どうしても喉を使ってしまう、という場合は、何度でも呼吸のみでのスタッカートの発声練習に立ち戻って、お腹で音を切る感覚を覚えてから、音を出しての練習に移行するという手順を繰り返していきましょう。

腹筋をうまく使うことができない、意識してもお腹が運動している感覚がつかめない、というような場合は、強制的に腹筋が運動してしまうような状態で練習を行うのが良いかもしれません。仰向けに寝転び、膝を立てます。腹筋運動の時の体勢です。ここから45度の角度まで上半身を持ち上げ、その体勢を維持します。常に腹筋に力が入っているのがわかると思います。この状態で、声を出してスタッカートを行なって見てください。この状態ですと、発声と区切りには強制的に腹筋が使われますので、ここでお腹でスタッカートする感覚をしっかりとつかんで、それを再現できるように通常姿勢でのスタッカートを行う、というようにすると、体で正しいスタッカートを覚えますので、できているかできていないか、ということがすぐにわかると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です