Uncategorized

母音を発声する

スタッカートであれ、レガートであれ、基本となる発声は母音の発声にあります。非常に短いスタッカートでない限り、ある程度伸ばして発音される音は、すべて母音へと収斂していきます。「ナー」は「アー」に、「ミー」は「イー」の音になるということです。

美しい声を一定時間維持することは、正しく母音を発声し、維持することを意味しますので、母音の発声をしっかりと習得しておくことが、この後の様々な発声練習の中で、遵守すべき基礎となります。正しい母音の発声というものを、学んでおきましょう。

前歯の裏から喉に向かって、舌先を上顎に当てながら移動させて見てください。ある程度喉に近づくと、明確に柔らかくなる部分があると思います。この部位を「軟口蓋」と呼びます。ここを開くのが重要です。あくびのときにここは開きますので、あくびをわざとやって見て、軟口蓋が持ち上げられるような形で開くのを感じて見てください。

次に、耳の上から後頭部をつなぐ線を意識して、ここの筋肉を後ろの上方に向かって持ち上げるように力を入れます。なかなか難しいので、最初は手でそこを実際に持ち上げて見ても構いません。

口を自然と微笑んでいるような形にして、口と鼻の両方から息を吸い込みます。喉のあたりに冷たい風が当たるのが感じられますでしょうか。

舌を下の前歯の裏に当て、「アー」と発音してください。会話の時の発音に比べて、非常に大きく口の中が開かれていないでしょうか。これは音と空気の通り道に障害物がない理想的な状態ですので、「アイウエオ」すべての母音がこの状態で発生できるようにします。

スタッカート、レガート、そしてこれから習得していく歌唱法の全てにおいて、この口のフォームは共通して維持されるべきものですので、ここでしっかりとマスターしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です